タイ、薬の個人輸入代行

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ダイアマイクロンMR

ダイアマイクロンMR

通常価格:¥4,690~ ¥9,380 税込
¥4,690 ~ ¥7,410 税込
商品コード: 217S1 ~ 217S2
関連カテゴリ
↓↓ 複数ご購入割引 ↓↓
↑↑ 複数ご購入割引 ↑↑
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ダイアマイクロンMR 60mg 30錠
Diamicron MR 60mg 30tabs

お薬詳細|ダイアマイクロンMR

ダイアマイクロンMRは、経口降糖薬と呼ばれる薬の一種です。2型糖尿病の血糖コントロールに使用されます。

食事、運動、体重減少が薬物なしでも十分に血糖をコントロールできない場合に使用されます。
ダイアマイクロンMRは、膵臓から分泌されるインスリンの量を増やし、体がより効率的にインスリンを利用するのを助けます。

ダイアマイクロンMRは、他の関連化合物とは異なるN含有複素環を持つ硫酸脱離性口腔抗糖尿病薬であり、ベータ細胞からのインスリン分泌を刺激することによって血糖値を低下させます。

ダイアマイクロンMRは、ランゲルハンス島のベータ細胞からのインスリン分泌を促進することにより、血糖値を低下させます。食後のインスリンおよびC-ペプチドの分泌増加は、治療を2年間継続した後も持続します。

これらの代謝作用に加えて、ダイアマイクロンMRには血管保護作用もあります。

2型糖尿病患者では、ダイアマイクロンMRはグルコースに対する最初のインスリン分泌ピークを回復させ、第2相のインスリン分泌を増加させます。食事やグルコースによる刺激によるインスリン反応の増加が見られます。

ダイアマイクロンMRは、以下の2つの機序によって糖尿病の合併症に関与する可能性のある微小血栓症を減少させます。

  • 血小板凝集と付着の部分的な阻害により、血小板活性化マーカー(ベータトロンボグロブリン、トロンボキサンB2)の減少が見られます。
  • 血管内皮線溶活性の作用により、tPA活性の増加が見られます。

服用方法|ダイアマイクロンMR

ダイアマイクロンMRの推奨される初回投与量は、毎日同じ時間に1回、30 mgを服用することです。週間ごとに投与量を徐々に増やし血糖値の低下に応じて最大で1日120mgまで増量します。

ダイアマイクロンMRは朝食時に服用してください。

錠剤を噛まないで、嚥下してください。

ダイアマイクロンMR 60mgの錠剤は半分に割ることができます。

体重、他の病気、他の薬など、多くの要因が個人の必要な薬の用量に影響することがあります。医師に相談せずに薬の服用方法を変更しないでください。

服用を忘れた場合は、その日の通常の時間に通常の用量を服用して、忘れた用量を飛ばしてください。2回分をまとめて服用することは避けてください。

副作用|ダイアマイクロンMR

ダイアマイクロンMRの副作用は軽度または重度、一時的または永続的なものになることがあります。

以下にリストする副作用は、この薬を服用するすべての人に起こるわけではありませんが、ダイアマイクロンMRを服用する人のうち少なくとも1%に報告されています。
これらの副作用の多くは管理可能であり、一部は時間の経過とともに自然に消える場合もあります。

もしも以下の副作用が現れ、それが重度であったり不快な場合は、すぐに医師に連絡してください。

  • 腹痛
  • 背中、筋肉、または関節の痛み
  • 便秘
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐

以下に挙げる副作用のほとんどはあまり頻繁には起こりませんが、医師に相談せずに放置すると重篤な問題を引き起こす可能性がありますので、ご注意ください。

以下の副作用が現れた場合は、できるだけ早く医師に相談してください。

  • 高血圧
  • 貧血の兆候(赤血球の低下によるめまい、皮膚の蒼白、異常な疲労感や弱さ、息切れなど)
  • 凝固異常の兆候(異常な鼻血、あざ、尿中の血、血を咳き出す、歯ぐきの出血、止まらない出血など)
  • うつ症状の兆候(集中力の低下、体重の変化、睡眠の変化、活動への興味の低下、自殺の思い)
  • 肝機能障害の兆候(吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、体重減少、皮膚や目の白目の黄変、尿の色が濃くなり、便が白くなるなど)
  • 皮疹やじんましん
  • 足の腫れや予期せぬ体重増加
  • 低血糖症の症状(冷たい汗、冷たく蒼白な肌、頭痛、速い心拍、弱さ、震え、酩酊感、頭痛、言葉のはっきりしなさなど)
  • 血中ナトリウム濃度低下の症状(筋肉の痛み、こわばり、協調性のない動き、混乱、疲労感、弱さ)
  • 異常な頻度での感染症(熱や寒気、激しい下痢、呼吸困難、長引くめまい、頭痛、頸部のこわばり、体重減少、意欲の低下など)

以下の症状が現れた場合は、ただちに薬の服用を中止し、医師の診察を受けてください。

  • 胸部の痛みや圧迫感、または息切れ
  • 発作
  • 重篤なアレルギー反応の兆候(腹部の痙攣、呼吸困難、吐き気や嘔吐、顔やのどの腫れ)
  • びらん、剥離、広範囲にわたる発疹、急速に広がる発疹、または発疹に発熱や不快感が伴う重篤な皮膚反応の兆候
  • 意識喪失

これに掲載されていない副作用が起こる場合もあります。この薬を服用中に心配な症状が現れた場合は、医師に相談してください。

その他注意事項|ダイアマイクロンMR

飲酒
ダイアマイクロンMRはアルコールに対して不快な「不耐性反応」を引き起こすことがあります。
ダイアマイクロンMRを服用している人は、アルコール摂取時に顔の紅潮、体の温かさ、吐き気、めまい、心拍数の上昇などの症状が現れる場合があります。この反応を防ぐためには、アルコールの摂取を避けてください。
糖尿病の合併症
他の糖尿病薬と同様に、ダイアマイクロンMRの使用は糖尿病の合併症の発生を防ぐわけではありません。
グルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症
G6PD欠損症の場合、この薬がどのように医療状態に影響を与えるか、医療状態がこの薬の投与量と効果にどのような影響を与えるか、特別なモニタリングが必要かどうかについて、医師と相談してください。
低血糖症(低血糖)
ダイアマイクロンMRは他のスルホニルウレア系薬と同様に、めまい、体力の低下、眠気、頭痛、発汗などの低血糖症の症状を引き起こすことがあります。
不安感、震え、しびれやチクチク感なども報告されています。
高齢者、肝機能や腎機能が低下している人、虚弱または栄養失調状態の人は、これらの薬を服用すると低血糖症になるリスクが高くなります。
食事摂取が不十分な場合や激しい運動や長時間の運動後に低血糖症が起こりやすくなります。
血糖値は定期的にモニタリングし、血糖値を上げる必要がある場合には、緊急用のブドウ糖(およびグルカゴンキット)を用意しておくべきです。
病気及びストレス
ダイアマイクロンMR治療中の人は、病気やストレスの状況(外傷や手術など)において血糖のコントロールを失うことがあります。これらの状況では、医師は薬の中止を検討し、状況が改善するまでインスリンを処方することがあります。
腎機能
腎臓の病気や腎機能の低下により、この薬が体内に蓄積され、副作用を引き起こすことがあります。
腎機能が低下している場合や腎臓の病気がある場合は、この薬が医療状態にどのように影響するか、医療状態がこの薬の投与量と効果にどのような影響を与えるか、特別なモニタリングが必要かどうか、医師と相談してください。
肝機能
肝臓の病気や肝機能の低下により、この薬が体内に蓄積され、副作用を引き起こすことがあります。肝臓の問題がある場合は、この薬が医療状態にどのように影響するか、医療状態がこの薬の投与量と効果にどのような影響を与えるか、特別なモニタリングが必要かどうか、医師と相談してください。医師は、この薬を服用している間に定期的に肝機能を血液検査で確認することを希望する場合があります。
もし疲労感、体調不良、食欲不振、吐き気、皮膚や目の黄ばみ、尿が濃い色、便が白っぽい色、腹痛や腹部の腫れ、かゆみを感じるなどの肝臓の問題の症状が現れた場合は、すぐに医師に連絡してください。
ポルフィリン症
ダイアマイクロンMRは急性ポルフィリン症(体内のヘムの産生に影響を与える障害)と呼ばれる状態の発作を引き起こす可能性があります。ポルフィリン症の既往がある場合は、この薬が医療状態にどのように影響するか、医療状態がこの薬の投与量と効果にどのような影響を与えるか、特別なモニタリングが必要かどうか、医師と相談してください。
適切な食事
ダイアマイクロンMRの使用は、適切な食事に加えての治療として考える必要があり、食事の代替手段としてではありません。
病状の悪化
時間の経過とともに、ダイアマイクロンMRの効果が低下することがあります。もしダイアマイクロンMRが血糖を目標値にコントロールできなくなった場合は、服用を中止し、他の薬を追加する必要があります。
妊娠
この薬は妊娠中に使用してはいけません。胎児に損害を与える可能性があります。この薬を服用している間に妊娠した場合は、すぐに医師に連絡してください。
授乳
ダイアマイクロンMRが母乳に移行するかどうかはわかっていませんが、授乳中の母親がこの薬を服用すると赤ちゃんに影響を与える可能性があります。授乳中の女性はダイアマイクロンMRを服用しないでください。
小児
ダイアマイクロンMRの使用の安全性と有効性は小児について確立されていません。
高齢者
高齢者はダイアマイクロンMRによる副作用をより起こしやすい可能性があります。
Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。