スピリーバ 吸入用カプセル 18mcg 30カプセル 2個セット

通常価格:¥ 13,660 税込

¥ 13,660 税込

¥ 13660 税込

加算ポイント:137pt

商品コード: 179S2

関連カテゴリ

  1. 喘息
数量
Spiriva 18mcg powder inhalation hard capsules
セット割引はこちらから

お薬詳細

スピリーバは日本でも承認され、2004年から発売されている処方箋医薬品です。
喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の方の気管支を広げるスピリーバの薬剤カプセルです。本剤スピリーバは微細な粉末で、これを専用の吸入器(ハンディヘラー)で吸入します。
*吸入器をお持ちでない方は取り寄せが可能ですので、お問い合わせフォームからご連絡ください。

気道が狭くなることで起こる主な病気に気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患があります。
喘息はアレルギーなどで気管支が炎症を起こすことにより、咳やゼーゼーという喘鳴などの発作を起こし息苦しくなる病気です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は完治の難しい病気で、気道が狭くなり体を動かした時に呼吸困難を起こします。慢性気管支炎と肺気腫がこの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に含まれます。

スピリーバは吸入することで気管支に直接作用し、気管支を広げて呼吸を楽にします。長時間作用するお薬で吸入後24時間効果が持続しますので、吸入する回数は1日1回だけで済みます。

喘息の患者さんには症状や重症度に応じて吸入ステロイド薬と併用します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんは、毎日使用することで進行を遅らせる効果があります。
本剤スピリーバを使用することで4年間呼吸機能を維持し、死亡率が低下されたとの報告もあります。

スピリーバは毎日吸入するお薬で喘息の発作や急な症状の悪化を直ちに鎮めるお薬ではなく、また対症療法薬ですので慢性閉塞性肺疾患(COPD)そのものは治せません。

スピリーバの作用機序は、この薬の有効成分のチオトロピウムがムスカリン受容体(気管支平滑筋にある)と強く結合することによりアセチルコリン(気管支の収縮の原因となる神経伝達物質)の結合を妨げ、気管支の収縮を持続的に強力に抑制します。

スピリーバは気管支拡張薬の中でも長時間作用する抗コリン薬(LAMA)に分類されます。
他の吸入薬(セレタイドやシムビコート、ベネトリンなど)に含まれるβ刺激薬は細い気管支を拡張するのに対し、スピリーバは太い気管支を拡張させます。
β刺激薬よりは即効性や効力も多少劣りますが、安全性が高いことや長時間作用することから、長期維持療法に適しています。

使用(服用)方法

  • 1回スピリーバ1カプセルを1日1回、専用の吸入器具で吸入(カプセルのままで服用しないこと)。
  • 吸入の直前に1カプセルだけアルミシートから取り出すこと。
  • アルミシートはミシン目以外の場所で切り離さないこと。
  • 眼に入った場合は十分に水で洗い流す。
    本剤が目に入り結膜の充血や角膜の浮腫に伴う赤眼、眼痛など出た場合には直ちに医師の診察を受けること。

副作用他注意事項

スピリーバの主な副作用として以下の症状が報告されている。

  • 口渇
  • のどの刺激感
  • 発疹
  • めまい
  • 便秘
  • 消化不良

稀にではあるが、起坐呼吸、動悸、胸の痛み、腹部膨満感、吐き気・嘔吐、視力低下、眼痛、頭痛、眼の充血、咽頭浮腫、じんましん、血管浮腫、呼吸困難が起こることがり、その場合は医師に相談すること。


Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。
薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。
また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。
また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。