ディオバン 80mg 28錠

¥ 4,170 ~ ¥ 7,260 税込

¥ 4170¥ 7260 税込

加算ポイント:42pt73pt

商品コード: 198S1 ~ 198S2

関連カテゴリ

  1. その他
  1. その他
  2. 高血圧症
** 単品かセットかをお選びください。
数量
Diovan 80mg 28tabs

お薬詳細

ディオバンはスイスに本拠を置くノバルティス・ファーマ社が製造する日本でも販売されている高血圧症のお薬です。
ディオバンは体内で作られるアンジオテンシンII受容体(ナトリウムを体内に貯留させて血液量を増やし血管平滑筋を収縮させて血圧を上昇させるホルモン)に結合し血管収縮作用を遮断することにより血管を広げ、また水分と電解質が調整されて血圧を下げます。

最近ではこのディオバンをはじめとするアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)系統のお薬が処方されることが増えました。従来の高圧薬(ACE阻害薬)によくみられる咳の副作用がほとんどなく、長期維持療法に適しています。ディオバンは持続性がありますので、1日1回の服用ですみます。
おもに高血圧症患者に処方されますが、一部の心臓病や腎臓病にもディオバンは有効と考えられています。高血圧を防ぐことで脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。

血圧は血液を心臓が動脈に送り出す時の圧力のことです。この血圧が高い状態が続くことを高血圧症と呼びます。
血圧が高くなる要因として主なものに、加齢、塩分のとりすぎ、肥満、ストレス、喫煙、過度の飲酒などがあげられます。

加齢
年齢を重ねると血管は動脈硬化を起こやすくなり、狭くなった血管に血液を送り出すために血圧が高くなります。血圧が高い状態が続くと血管が脆くなって柔軟さが失われ動脈硬化を引き起こし、そのため血圧が高くなる、という悪循環を招きます。
塩分の取り過ぎ
塩分を取りすぎることで血液中の塩分濃度が高くなり、それを下げるために体に水分を溜め込みますので血液量が増えて血圧があがります。
肥満
血液は体の隅々まで行き渡っていますので、肥満になることで送る出す血液量が増加して血圧が増加します。
ストレス
ストレスにより交感神経が高まり心拍数が上昇したりします。その結果血圧も上がります。
喫煙
タバコを吸うと末梢血管が収縮するために血圧があがります。
飲酒
飲酒により一時的には血圧が下がりますが、過度の飲酒は血圧は上昇させます。

ディオバンなどの降圧薬の服用はもちろんのことですが、これらの要因を取り除くこと、また運動や十分な睡眠などによって血圧の管理をすることは非常に大切です。血圧を下げるのに有効な運動として、早歩きや軽いジョギング、サイクリング、太極拳などの有酸素運動があげられます。運動をすることでストレス解消にもつながります。

ディオバンには飲み合わせに注意が必要なお薬がたくさんありますので、必ず医師の処方のもと服用してください。
注意の必要な飲み合わせの主な症状は、血圧が下がりすぎる、腎障害や高カリウム血症、低血圧の発現、血液中のカリウムが増えすぎる、リチウム中毒などがあげられています。
また服用をやめる際には必ず医師の指示のもとに行ってください。

使用(服用)方法

通常1日回、40〜80mgを口の中で溶かして飲む。
効果が不十分な場合は1回160mgまで増量可能。ただし医師の指導のもと服用すること。

下で軽く潰してから唾液と一緒に飲み込む。
唾液だけで飲めない時には水またはぬるま湯で服用する。

飲み忘れた場合は決して2回分を飲まずに1回分を服用する。次の飲む時間に近い時には1回飛ばして次の服用時間に1回分服用する。

副作用他注意事項

「ディオバン 80mg 28錠」の副作用として以下の症状が報告されている。

  • 肝炎
  • 高カリウム血症
  • 血管浮腫
  • 失神
  • 冷や汗
  • めまい
  • 悪心、嘔吐
  • 悪寒、高熱、咽喉痛
  • 鼻血
  • 歯茎からの出血
  • 咳、息切れ
  • 筋肉の痛み
  • 下痢
  • 食欲不振、腹部膨満感
  • 上記のような症状が現れた時には速やかに医師に相談すること。

    めまいやふらつきが起こることがあるため、高所での作業や車の運転、また危険を伴う機械の操作には十分注意をすること


    Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。
    薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。
    また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。
    また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。