タイ、薬の個人輸入代行

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

リピトール 40mg

リピトール 40mg

通常価格:¥12,860 税込
¥12,860 税込
商品コード: 215S1
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
リピトール 40mg 30錠
Lipitor 40mg 30tabs
同成分のお薬

商品詳細|リピトール

リピトールは、肝臓においてコレステロール合成を抑制し、主に血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロールとも呼ばれる)を減少させることで、動脈硬化などの疾患を予防する効果があります。

脂質異常症(高脂血症)では、血液中のコレステロールやトリグリセリド(TG)の値が異常に高くなり、動脈硬化などの病態を促進する主な要因となります。
肝臓では、HMG-CoA還元酵素などの働きによってコレステロールが合成され、生成されたコレステロールは血液中に移行します。

リピトールは、肝臓におけるHMG-CoA還元酵素の活性を阻害することで、コレステロールの合成を抑制します。

また、リピトールは脳梗塞や心筋梗塞などの予防にも使用される場合があります。

リピトールなどの薬剤は、LDLコレステロールの低下度などの効果の強さに基づいて分類されます。

一般的に、作用の強さ(主にLDLコレステロールの低下度合い)が比較的マイルドな薬剤は「スタンダードスタチン」と呼ばれ、より強力な作用を持つ薬剤は「ストロングスタチン」として知られています。
リピトール(アトルバスタチン)はHMG-CoA還元酵素阻害薬としても知られており、一般的にはスタンダードスタチンに分類されます。ただし、個々の病態や患者の体質によって適切な薬剤が選択されることが重要です。

副作用|リピトール

主な副作用として以下が挙げられています。

横紋筋融解症
横紋筋融解症は非常に稀な病態です。
横紋筋融解症では、手足や肩、腰などの筋肉が痛み、手足のしびれや力の低下、全身のだるさなどの症状が現れることがあります。また、尿の色が赤褐色に変わることもあります。

上記のような症状が見られる場合は、放置せずに医師や薬剤師に連絡することが重要です。

肝機能障害
肝機能障害も稀な副作用の一つです。
肝機能障害では、倦怠感や食欲不振、発熱、黄疸などの症状が現れ、これらの症状が持続する場合には放置せず、医師や薬剤師に連絡することが重要です。

その他注意事項|リピトール

リピトールとフィブラート系薬(高脂血症治療薬)との併用には注意が必要です。
リピトールとフィブラート系薬を併用することで、横紋筋融解症などの副作用がより発現しやすくなる可能性が考えられます。もし治療上必要でこの併用が必要な場合には、十分な注意が必要です。

Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。