タイ、薬の個人輸入代行

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ゼニカル

ゼニカル

通常価格:¥5,270~ ¥15,810 税込
¥5,270 ~ ¥13,070 税込
商品コード: 8S1 ~ 8S3
関連カテゴリ
↓↓ 複数ご購入割引 ↓↓
↑↑ 複数ご購入割引 ↑↑
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
ゼニカル 120mg 21錠
Xenical 120mg 21tabs

ゼニカル|お薬詳細

ゼニカルはスイスに本拠を置く世界的な製薬会社、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が製造し、世界の多くの国で承認を受けている肥満症の治療薬です。ゼニカルの服用と運動や低カロリーの食事と併せたプログラムでダイエット(減量)に役立ちます。

本来はゼニカルは肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の肥満治療薬として開発されたものの、その効果が広く認知され、ダイエット薬としても利用されるようになりました。現在ではアメリカの政府機関「FDA」にもゼニカルは認可され、世界中で広く利用されています。

ゼニカルは体重を減らしたり、一定の体重を維持したり、体重の戻りを防ぐのに役立ちます。特にBMI(Body Mass Index)が30以上の成人の治療に適しています。
BMIは、身長と体重の比率から計算される指標で、25以上だと過体重、30以上だと非常に過体重とされます。

ゼニカルの主成分はオルリスタットと呼ばれる成分で、リパーゼ阻害剤と呼ばれる薬のグループに属しています。
ゼニカルは食事に含まれる脂肪の体内への吸収を抑制する働きがあります。通常、食事で摂取した脂肪は分解されて吸収される必要がありますが、ゼニカルを食事と一緒に摂取することで、脂肪の吸収を阻害し、約30%の脂肪が消化されずに排出されるようになります。この効果により、体は過剰なカロリーを脂肪組織として蓄積することなく、体重を減らす手助けをしてくれます。

私たちの体が脂肪を吸収するためには、食事に含まれる脂肪をより小さなものに分割する必要があります。ゼニカルの作用機序は、その脂肪を分割するのに必要な酵素を遮断することにより分解されなかった脂肪は腸から吸収されず、便とともに体外に排出されます。ゼニカルを服用することで食事に含まれる脂肪分の約30%以上が腸から吸収されずに体外へ排出されます。

ゼニカルを服用することで、脂肪を多く含む食事を好む方は、その脂質による肥満を防止する効果が期待できます。ただし、ゼニカルの効果を実感するまでには個人差があり、2 3週間程度かかることもあります。また、ゼニカルの効果が持続している時間内では、食事で摂取した脂質の吸収を約30%前後抑制すると考えられています。

ゼニカルの効果を最大限に引き出すためには、低脂肪でバランスの取れたカロリー管理された食事や適度な運動と組み合わせることが重要です。
特に心臓病や糖尿病などのリスクがある場合には、体重の減少が健康上の利益をもたらす可能性があります。

ゼニカルは高血圧や高コレステロール、高血糖といった過体重に関連するリスク因子の改善にも寄与します。これらのリスク因子を放置すると、心臓病や糖尿病などの他の病気に進展する可能性があるため、ゼニカルの服用は予防にも役立ちます。

ただし以下のような場合はゼニカルを服用しても効果を実感できないこともあります。

  • 元々食事での脂質摂取が少なく効果が薄い
  • ゼニカルの服用方法を間違えている
  • 効果が出る前にゼニカルの服用をやめてしまう
  • ゼニカルを飲んだことで満足してしまう

またゼニカルは脂肪分のみの吸収を阻害するお薬で、糖質や脂肪を含まない食品からのカロリーの吸収は阻害はしませんので、ダイエットをされたい方はゼニカルを服用するのと併せ食事の総カロリーの摂取量を制限することでよりに効果的です。

ただし、ゼニカルを使用する際には、薬剤師や医師に相談することが重要です。正しい用法や服用タイミングを守ることで、より効果的に体重管理に役立てることができます。ゼニカルを服用することで、健康的な体重の維持やリスク因子の改善に向けて一歩近づくことができるでしょう。

最終的には、ゼニカルはあくまで補助的なものであり、食事や運動の改善が重要な要素です。自身の健康状態や目標に合わせて適切に利用し、専門家のサポートを受けながら、健康的な生活を目指しましょう。

ゼニカル|服用方法

食事と一緒、または食後1時間以内にゼニカルを服用する。
*基本的には本剤ゼニカルは1回1錠、1日3回の服用だが、脂肪を含まない食事をとる時には服用の必要はない。

ゼニカル|副作用

ゼニカルの副作用として報告されているのは

  • 油性または脂肪性便
  • 下着に油が付着
  • 便中にオレンジ色または茶色の油
  • ガスおよび油状排出物
  • 軟便
  • 排便回数の増加
  • 胃の痛み
  • 吐き気
  • 直腸の

これはゼニカルの効果が出ている兆候であり、服用を続けることで軽減する可能性がある。

ただし以下の症状がある場合はゼニカルの服用を中止し、直ちに医師に連絡すること。

  • 重度の胃の痛み
  • 激しい腰痛
  • 血尿
  • 排尿困難
  • 排尿痛
  • 腎臓障害(排尿がほとんどまたは全くない、足や足首の腫れ、過労、呼吸困難)
  • 肝臓障害(吐き気、胃上部の痛み、かゆみ、疲労感、食欲不振、黒っぽい尿、粘土色の便、黄疸)

ゼニカル|その他注意事項

ゼニカルの服用にあたっては以下の点にご注意ください。

  • 高脂肪食を避けること。
    脂肪によるカロリーが食事全体の総カロリー数の30%を上回る食事をされた場合、胃腸に不快な副作用が起きる可能性がある。
  • 不快な副作用を避けるために食事に含まれる脂肪(カロリー)は食事の総カロリー数の30%を超えないようにすること。
  • シクロスポリンを服用する場合は少なくとも本剤の摂取の3時間前または本剤の摂取後に服用する。
  • レボチロキシンを服用する場合は少なくとも本剤の摂取の4時間前または本剤の摂取後の4時間後に服用する。
  • アミオダロン、インスリンまたは経口糖尿病薬、HIVまたはエイズ薬、ベータカロチンまたはビタミンEを含むビタミン剤やミネラルサプリメント、ワルファリンのいずれかを使用している場合は医師に相談すること。
  • ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンの吸収を妨げる可能性があるため、ゼニカルを摂取される場合は一緒にマルチビタミンなどのサプリメントを取ることが勧められる。
Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。