タイ、薬の個人輸入代行

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

アシクロビル(バイラームクリーム)

アシクロビル(バイラームクリーム)

通常価格:¥2,530~ ¥5,060 税込
¥2,530 ~ ¥3,640 税込
商品コード: 232S1 ~ 232S2
関連カテゴリ
↓↓ 複数ご購入割引 ↓↓
↑↑ 複数ご購入割引 ↑↑
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

お薬詳細|バイラームクリーム(アシクロビル

バイラームクリーム(アシクロビル)に含まれるアシクロビルは、ヘルペスウイルスのDNA合成を阻害することによって、ウイルスの増殖を抑制します。具体的には、アシクロビルは、ウイルス感染した細胞内の特定の酵素であるチミジンキナーゼによってリン酸化され、アシクロビルトリフォスフェートに変換されます。アシクロビルトリフォスフェートは、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼに結合し、DNA合成を阻害することによって、ウイルスの増殖を防止します。

ただし、アシクロビルは、ヘルペスウイルスに対して選択性があり、ホスト細胞のDNAポリメラーゼにはほとんど影響を与えません。そのため、バイラームクリーム(アシクロビル)は、感染した細胞においてウイルスの増殖を抑制する一方で、ホスト細胞にはほとんど影響を与えないという利点があります。また、バイラームクリーム(アシクロビル)は、外用薬であるため、全身への影響が少ないことも特徴の一つです。

なお、アシクロビルは、ヘルペスウイルスに特異的な抗ウイルス薬であり、他のウイルスには効果がありません。したがって、バイラームクリーム(アシクロビル)は、ヘルペスウイルス感染症に対する治療にのみ使用されます。

使用方法|バイラームクリーム(アシクロビル

  • 事前に手を洗い、感染部位を清潔にします。
  • 1回の使用量は、感染部位に十分な量を塗布します。塗布前に、感染部位を軽く乾かすことが望ましいです。
  • 指で軽くマッサージすることで、クリームを皮膚に浸透させます。
  • 1日に5回程度、4時間から6時間ごとに塗布します。必要に応じて、医師の指示に従って投与量を調整することができます。正確な頻度は、医師が処方する量によって異なりますが、一般的には4時間から6時間ごとに塗布することが推奨されます。

副作用他注意事項|バイラームクリーム(アシクロビル

一般的な副作用は、軽度のかゆみ、赤み、発疹、刺激、皮膚乾燥、脱皮、皮膚炎があります。

バイラームクリーム(アシクロビル)は、外用薬であるため、一般的には体内への吸収量が少なく、全身的な副作用が起こりにくいとされています。しかしながら、稀に全身的な副作用が発生する場合もあります。悪心、嘔吐、下痢などの症状は、まれに報告されている副作用の一部であり、使用者によってはこれらの症状が現れる可能性があります。
ただし、これらの副作用が発生する確率は非常に低く、通常は短期間で自然に改善されます。また、症状が軽度であれば、医師に報告することなく自己判断で対処することもできます。しかし、重度の症状や長期間にわたって続く症状がある場合には、直ちに医師に相談する必要があります。
したがって、バイラームクリーム(アシクロビル)の使用中に不快な症状が現れた場合は、医師に相談し、適切な処置を受けることが重要です。

バイラームクリーム(アシクロビル)を使用する前に、以下のような禁忌事項があります。これらの禁忌事項に該当する場合には、医師に相談してから使用する必要があります。

  • バイラームクリーム(アシクロビル)に含まれる有効成分、またはその他の成分に対してアレルギー反応がある場合。
  • バイラームクリーム(アシクロビル)を使用する部位に感染やアレルギー反応がある場合。
  • 免疫抑制剤を服用している場合。
  • 妊娠中または授乳中の場合。特に妊娠初期の使用は避けるべきです。

また、バイラームクリームの使用中に以下の症状が現れた場合は、直ちに医師に相談する必要があります。

  • 皮膚のかゆみ、発疹、紅斑、水ぶくれ、ただれ、蕁麻疹、またはその他の異常な症状が現れた場合。
  • 呼吸困難、のどの腫れ、顔や舌の腫れ、またはめまいなどのアレルギー反応が現れた場合。

これらの禁忌事項や注意事項に反して使用した場合、健康に悪影響を与えることがあります。したがって、使用前に必ず医師に相談し、指示に従って使用するようにしてください。

Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。