タイの医薬品の個人輸入
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

レボノルゲストレル(マドンナ)

レボノルゲストレル(マドンナ)

通常価格:¥2,450~ ¥14,700
¥2,450 ~ ¥7,380
商品コード: 142S1 ~ 142S6
関連カテゴリ
↓↓ 複数ご購入割引 ↓↓
↑↑ 複数ご購入割引 ↑↑
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
レボノルゲストレル(マドンナ)2錠
Levonorgestrel (Madonna) 2tabs
同成分のお薬

服用方法|マドンナ(レボノルゲストレル)

以前の性交で妊娠していないかを確認した後、できるだけ早くまず本剤マドンナ(レボノルゲストレル)1錠を服用すること。その12時間後に残りの1錠を服用する。
服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合には、もう1錠を飲むこと。12時間後にもう1錠服用する。

副作用|マドンナ

マドンナ(レボノルゲストレル)の副作用としては、以下の症状が報告されている。

  • 不正出血
  • 嘔吐・強い悪心
  • 下痢
  • 頭痛
  • めまい
  • 乳房の痛み
  • 疲労感・脱力感
  • 月経周期の変化
  • 月経過多

その他注意事項|マドンナ(レボノルゲストレル)

以下の既往症等ある場合は服用を避けること

  • マドンナ(レボノルゲストレル)の成分に対して過敏症がある
  • 重篤は肝機能障害
  • 妊婦
  • 心疾患
  • 腎疾患

重度の消化管障害、消化管の吸収不良症候群がある場合は本罪の有効性が期待できないことがある。

*1週間以上の生理の遅れや不正出血が長く続く場合、直ちに医師の診察を受けること。
*妊婦、または妊娠している可能性のある場合は服用を避けること。

お薬詳細|マドンナ(レボノルゲストレル)

マドンナ(レボノルゲストレル)は性交後に服用するタイのBiopharm Chemicals Co.,Ltd社が製造・販売する緊急避妊薬(アフターピル)です。ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。日本では未承認ですが世界の多くの国で人気のあるアフターピルです。

マドンナ(主成分:レボノルゲストレル0.75mg)は、緊急避妊薬として使用される医薬品です。マドンナ(レボノルゲストレル)は日本初のアフターピル(緊急避妊薬)として認可され、WHO(世界保健機関)から緊急避妊における必須薬として指定されています。

性交渉で避妊が失敗したり、予期しない妊娠を避けるためには、緊急避妊が必要となります。マドンナ(レボノルゲストレル)は性交渉の後、72時間以内に服用することで緊急避妊が行えます。

マドンナ(レボノルゲストレル)は女性ホルモンである「黄体ホルモン」の一種であり、体内に摂取することで妊娠前に起こる体の変化を抑えます。排卵抑制により受精卵ができず、また排卵後の子宮内膜の増殖を防ぐことで受精卵の着床を困難にします。

マドンナ(レボノルゲストレル)は避妊に失敗した時や避妊をしなかった場合、コンドームが破れた・外れた、低用量ピルを飲み忘れたといったケースで緊急避妊の手段として使用されます。

緊急避妊を目的とする場合、性交後できる限り早いタイミングで服用することが重要です。マドンナ(レボノルゲストレル)の避妊率は性交後72時間以内の服用で98%と高い避妊率が期待できます。

マドンナ(レボノルゲストレル)はヤッペ法と呼ばれる従来の緊急避妊法(中用量ピルを服用する方法)と比べて、避妊率が高く、副作用が少ないというメリットがあります。ただし、100%の避妊効果を保証するものではないため、注意が必要です。

緊急避妊薬であるマドンナ(レボノルゲストレル)は、避妊に失敗した場合や予期せぬ妊娠を避けるために使用される医薬品です。この薬の避妊効果は、排卵を抑制することと子宮内膜の厚みを調整することによって実現されます。

排卵前はマドンナ(レボノルゲストレル)は排卵を抑制する働きがあります。排卵が抑制されることで、女性の卵巣は卵子を放出しません。このため、性交渉で精子が子宮内に入っても、受精卵ができることはありません。この作用により、受精卵の生成が防がれ、妊娠を避けることが可能となります。

排卵後にはマドンナ(レボノルゲストレル)は排卵後の体内で重要な役割を果たします。排卵が行われると、子宮内膜は厚みを増して受精卵の着床を準備します。しかし、マドンナ(レボノルゲストレル)の服用により子宮内膜の厚みが調整され、受精卵の着床に必要な環境が作られなくなります。このため、受精卵は子宮内膜にしっかりと着床することが困難になります。

このような働きにより、性交渉の後にマドンナ(レボノルゲストレル)を服用することで、避妊効果が得られます。なお、マドンナ(レボノルゲストレル)の服用後は、約5日から7日間にわたって避妊効果が続き、その間は排卵が抑制され、避妊が確保されます。

ただし、マドンナ(レボノルゲストレル)は既に受精卵が子宮内膜に着床した後には避妊効果が期待できません。したがって、服用するタイミングには注意が必要です。

最後に、一般的に排卵後の卵子の寿命はおよそ24時間、精子の寿命はおよそ72時間とされています。マドンナ(レボノルゲストレル)の避妊効果を高めるためには、避妊に失敗した場合やコンドームが破れた場合などになるべく早く服用することが重要です。適切なタイミングでの使用によって、安全で確実な避妊が可能となります。

日本ではアフターピルは産婦人科を受診して処方してもらえますが、避妊の確率を高めるためには性交後できるだけ早く服用する必要がありますが、病院で処方してもらうのにはどうしても時間がかかり、効果が下がります。
また産婦人科を受診して予備薬として処方してもらうのも気が引けますので、通販サイトで購入し、いざという時のために持ち歩かれている方も多くいらっしゃいます。

本剤「マドンナ」は副作用を軽減するために、2錠に分かれています。2錠目も忘れることなく必ず服用してください。
副作用で吐き気なども報告されていますので、本剤を服用後に嘔吐される方もいます。
服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合には、もう1錠飲む必要がありますので、予備の分も含めてのご購入をお勧めします。

Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通販サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また弊社は個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で個人輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。