タイの医薬品の個人輸入
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

タイレノール 500mg 100錠

タイレノール 500mg 100錠

通常価格:¥2,840~ ¥2,940
¥2,840 ~ ¥2,940
商品コード: 7S1
関連カテゴリ
↓↓ 複数ご購入割引 ↓↓
↑↑ 複数ご購入割引 ↑↑
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
タイレノール(アセトアミノフェン 500mg)100錠
Tylenol (Acetaminophen 500mg) 100tabs

同成分のお薬

タイレノール|お薬詳細

タイレノールは、アセトアミノフェンを有効成分とする解熱鎮痛薬であり、主に脳(中枢神経)に作用して痛みや熱を和らげる効果を持ちます。この成分が中枢神経系で特定の物質の合成を調整することで、痛みや発熱の軽減をもたらす効果が期待される鎮痛剤・解熱剤です。

タイレノールの有効成分であるアセトアミノフェンは、1873年に初めて合成され、以来100年以上にわたって解熱鎮痛薬として世界中で広く使用されています。
タイレノールは頭痛や生理痛、関節痛などのさまざまな痛みを軽減します。そのため、タイレノールは「解熱」と「鎮痛」という2つの効果を併せ持った薬として利用されています。

本剤、タイレノールには1錠にアセトアミノフェンが500mg含有されており、効果は4時間持続します。アメリカや日本での一般名はアセトアミノフェンですが国際一般名としてはパラセタモールと呼ばれています。

人体では、炎症や痛みに関与するプロスタグランジンが生成されます。タイレノールは、特に脳内でこのプロスタグランジンの合成を抑制する働きがあります。プロスタグランジンは、炎症反応や痛みの感覚を増強させる作用があるため、タイレノールによってその生成が制御されることで、痛みや発熱の軽減が期待されます。
タイレノールなどのアセトアミノフェンを有効成分とするお薬は、他の一部の鎮痛剤や解熱剤とは異なり、主に酵素の阻害を通じたプロスタグランジンの合成抑制を行います。

発熱は通常、体内で炎症や感染が発生した際に、免疫系が応答して引き起こされる生理的な反応の一部です。この過程でプロスタグランジンが生成され、中枢神経系において体温調節を司る部位に影響を与え、体温が上昇します。
タイレノールの有効成分であるアセトアミノフェンは、中枢神経系でのプロスタグランジンの合成を抑制することによって、発熱の原因となる生理的な過程を調整します。これにより、体温の上昇を抑え、解熱作用を発揮します。ただし、具体的なメカニズムについてはまだ完全に解明されていない部分もあります。

重要な点として、タイレノールは解熱作用がある一方で、炎症や痛みの緩和も期待できるため、発熱に伴う不快感や頭痛などに対して総合的な効果を発揮します。ただし、正確な用量や使用方法を守り、医師や薬剤師の指示に従うことが重要です。

またタイレノールは胃にやさしい特性を持っており、胃酸から胃壁を守るプロスタグランジン(PG)という物質にほとんど影響を与えません。そのため、タイレノールは「空腹時」でも服用することができ、多くの人々にとって服用がしやすい特長があります。
一般的な非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やアスピリンなどの一部の鎮痛剤は、プロスタグランジンと呼ばれる物質の合成を阻害することで炎症や痛みを抑えています。しかし、このプロスタグランジンの合成を抑制する際に、同時に胃粘膜を傷つけたり、胃酸の分泌を増加させたりする可能性があります。これが、これらの薬が一部の人にとって胃に負担をかける原因です。
一方で、タイレノールは中枢神経系でのプロスタグランジン合成を主に抑制するため、直接的には胃に影響を与えにくいと考えられています。タイレノールは非選択的なCOX阻害薬ではないため、胃の粘膜に対する影響が相対的に少ないとされています。

薬の効果を得るためには、吸収が重要な要素となります。
一般的に、薬のほとんどは胃ではなく小腸で吸収されます。そのため、「空腹時に服用された薬」は、消化作業がスムーズで、比較的早く吸収部位である小腸に到達します。
一方、「食後に服用された薬」は、胃内滞留時間が長くなり、吸収が遅れる傾向があります。
タイレノールは空腹時でも効果を発揮するため、消化に時間がかかることなく、比較的早く効果を実感することができます。

安全性の面では、タイレノールは年齢や性別にかかわらず、幅広く使用されています。
医療現場では、タイレノールは大人や高齢者だけでなく、小さなお子さんから妊婦さん、授乳中の女性にも安心して使用できる成分です。
特に、日本産科婦人科学会や厚生労働省事業である「妊娠と薬情報センター」でもタイレノールなどのアセトアミノフェンを有効成分とするお薬の使用が勧められています。市販薬でも、子ども用の風邪薬などに解熱薬として配合されている成分の多くはタイレノールを代表するアセトアミノフェンです。

さらに、タイレノールはインフルエンザの際の解熱手段としても広く使われています。過去の研究から、インフルエンザ脳症などの重篤な病気のリスクを高めることなく、効果的に解熱鎮痛効果を発揮することが確認されています。

タイレノールは胃に優しく、また眠気を催すことのない成分としても知られています。これらの特性から、体調が崩れた際や熱を抱えたときに心強い味方として、多くの人々に愛用されています。

タイレノールには主に下記のような痛みを抑える効果があります。

  • 頭痛
  • 生理痛
  • 歯痛や抜歯後の痛み
  • 喉の痛
  • 耳の痛み
  • 関節痛
  • 神経痛
  • 腰痛
  • 筋肉痛
  • 肩こり痛
  • 打撲痛
  • 骨折痛
  • 捻挫痛
  • 外傷痛

タイレノールは日本で処方されるカロナールと有効成分は同じアセトアミノフェンです。
ですがアセトアミノフェンの含有量が異なります。病院で処方されるカロナールには200mg、300mg、500mgのアセトアミノフェンが含まれているものがありますが、日本の薬局で売られているタイレノールは1錠あたり300mgのアセトアミノフェンを含んだもの一種類のみです。
タイで一般的に流通しているタイレノールはアセトアミノフェンを500mg含んでおります。

Meds Thaiでは有効成分アセトアミノフェンを1錠に500mgを含有する本剤「タイレノール 500mg 100錠」と「タイレノール 500mg 20錠」、有効成分アセトアミノフェンを1錠に650mg含有する「タイレノール 650mg 10錠」の3種類のタイレノールを販売いたしております。

タイレノール|服用方法

鎮痛
1回1錠〜2錠を服用。
1日の服用量の上限はアセトアミノフェンとして4,000mg(*本剤タイレノール 500mg 8錠)。
服用間隔は4時間以上あけること。
解熱、急性上気道炎の解熱・鎮痛
1回1錠を服用。
1日の服用量の上限はアセトアミノフェンとして1,500mg。
原則1日2回まで。

*かぜによる悪寒や発熱時にはできるだけ空腹を避けて服用

タイレノール|副作用

タイレノールの副作用としては稀にではあるが下記の症状が報告されている。

  • 発疹・じんましん・かゆみ
  • 声枯れ
  • 喉のかゆみ・痛み
  • 高熱
  • 目の充血・目ヤニ
  • 倦怠感
  • 悪心・嘔吐,食欲不振
  • めまい
  • 体温低下
  • 黄疸など肝機能障害
  • 全身のむくみなど腎障害
  • 息切れ・息苦しさなどの間質性肺炎
  • ぜんそくの発作

上記の症状が出た場合は直ちに服用を中止し医師に相談すること。

タイレノール|その他注意事項

下記の疾患がある人は服用しないこと。

  • 血液に異常のある人
  • 重篤な肝障害のある人
  • 消化性潰瘍がある人
  • 重篤な腎障害のある人
  • 重篤な新機能不全のある人
  • 本剤(アセトアミノフェン)に対して過去に過敏症があった人
  • アスピリン喘息の人

気管支喘息のある患者や高齢者、小児、アルコールを多量に常飲している人は慎重に服用すること。
タイレノール服用中はアルコールの摂取は控えること。
他の解熱鎮痛剤や風邪薬とは併用しないこと。
長期間の服用は避けること。

Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通販サイトではございません。 薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。 また弊社は個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で個人輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。 また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。