クラビット錠 500mg 5錠

通常価格:¥ 3,990 ~ ¥ 23,940 税込

¥ 3,850 ~ ¥ 15,350 税込

¥ 3850¥ 15350 税込

加算ポイント:39pt154pt

商品コード: 59S1 ~ 59S6

** 単品かセットかをお選びください。
数量
プロモーション対象商品
Cravit 500mg 5tabs

服用方法|クラビット

淋病・クラミジアなどには「クラビット錠 500mg」を1回1錠を1日1回服用。
腸チフスなどには「クラビット錠 500mg」を1回1錠を1日1回、14日間服用。

クラビット錠 250mg の場合は、分割の服用はせず必ず1日量(2錠)を1回で服用すること。

副作用|クラビット

クラビット錠の主な副作用としては稀ではあるが、悪心、嘔吐、めまい、白血球数減少、不眠、腹痛、腹部不快感、下痢、発疹などが報告されている。

その他注意事項|クラビット

以下のような方は医師に相談の上服用のこと。

  • クラビットを服用してかゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • 腎機能障害、心疾患のある方
  • てんかんなどの既往歴がある方。
  • 重症筋無力症
  • 妊娠、妊娠している可能性がある、または授乳中の方
  • 他に服用しているお薬がある方

お薬詳細|クラビット

クラビットは2009年に第一三共社より販売を開始された処方箋医薬品で、広範囲に効果のある抗菌剤です。呼吸器、泌尿器、皮膚、婦人科、また耳鼻科、眼科、歯科などの広範囲での感染症の治療に使用されています。

感染症は病原微生物が私たちの体内に侵入し、晴れや化膿、発熱や痛みをもたらします。
病原微生物には細菌やウィルスやカビのような真菌があります。クラビットが有効なのは主に細菌(グラム陽性菌や陰性菌、クラミジア、マイコプラズマ、レジオネラなど)による感染症です。
本来はクラビットはインフルエンザや風邪には無効ですが、細菌による二次感染時や予防に処方されることもあります。

クラビットはニューキノロン系抗菌薬で、細菌が増殖時に必要な酵素を阻害し殺菌効果を現すお薬です。
細菌はタンパク質の合成なくしては増殖できません。タンパク質の合成にはDNAが不可欠で、クラビットはこのDNAの複製に必要な酵素を阻害して抗菌作用を発揮します。
クラビットなどのニューキノロン系抗菌薬は選択毒性に分類され、これは細菌に対しては働くけれど人に対しては作用しない抗菌薬です。

クラビットの有効成分はレボフロキサシン水和物で、国内のニューキノロン系抗菌薬70%と、最も使用されている抗菌薬です。海外でも120カ国以上で承認されています。

クラビットは長きにわたる使用実績から比較的安全性が確立されており、また長期間の服用が必要な場合にも適するお薬とされています。
クラビットをはじめとするニューキノロン系抗菌薬は従来の拮抗薬に比べて抗菌力が強く、病巣への移行がよく、飲み薬で治療が難しかった難治性の感染症にも良い効果を表しています。またクラビットは副作用も比較的少なく、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人でも使用可能です。

クラビットは広範囲経口抗菌製剤ですので、効能のある疾病はかなりの数です。
主なものを挙げますと、クラミジアを始めとしたグラム陽性菌への感染症、淋病、レジオネラ菌やレジオネラ菌への感染症、陰性菌、急性気管支炎、結核症、喉頭炎、子宮内感染、コレラ、子宮頚管炎、腎盂腎炎、中耳炎、腸チフス、乳腺炎、尿道炎、肺炎、肺結核、副鼻腔炎、扁桃炎、膀胱炎、ペストなどです。
婦人科、皮膚、泌尿器、呼吸器、耳鼻科、眼科、歯科などで広範囲の感染症の治療に用いられます。

クラビットの服用目的の一つであるクラミジアは男女により症状が異なります。
男性は感染初期に尿道炎が起こります。
1週間以上治療をせず放置するとクラミジアが尿道の一番奥にある前立腺にまで入ってしまいます。
前立腺は抗生物質が届きにくい臓器で、完治し辛い病気になってしまいます。
さらにそのまま放置すると精子をためる副睾丸まで菌が到達し副睾丸(場合によっては睾丸まで)が腫れ上がります。
こうなりますとたいていは睾丸から鼠蹊部にかけて激痛や高熱を発します。左右両方の副睾丸が炎症を起こしますと不妊症になる可能性が高くなりますので、放置しないで早期に治療をすることが大切です。

女性はまずはじめに子宮頸管部の粘膜に感染します。
痛みを感じる神経がほとんどないため、クラミジアに感染しても自覚症状はほとんどありませんが、膣内の抵抗力が弱まりますので他の病原菌も入りやすくなり、そうなると膣炎を起こします。
膣炎になりますと、性交痛、性器のかゆみ、おりもの、性器のニオイがきつくなるなどの症状が現れます。
女性の場合も治療をせず放置しておくとクラミジアが体の奥まで入っていき、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎の順番に進行していきます。
この段階になりますと下腹部の痛みや生理痛、不整出血などがみられ、流産の危険も高まります。
また卵管炎になりますと不妊症の原因になりますので、女性の場合も放置せずに早めの治療をすることが大切です。

淋病は淋菌の感染により発症する性感染症です。淋病尿道炎を発症すると強い痛みを感じ、膿も出ます。女性は自覚症状のないことも多くあります。
性行為による感染は、1回の性行為で30%と低くない数値です。
淋病とともにクラミジアも同時に感染している割合は20〜30%ですので、淋病に感染した時にはクラミジアの検査も必要です。
またオーラルセックスにより咽頭へ感染することもあります。
予防としては不特定多数の相手と関係を持たないことや、性行為時にはコンドームを使用することで大きな効果があります。

当サイトでは「クラビット錠 250mg」と「 クラビット錠 500mg」を取り扱っています。


Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。
薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。
また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。
また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。