メトホルミン(ミフォルミン) 500mg 60錠

通常価格:¥ 2,400 ~ ¥ 4,800 税込

¥ 2,400 ~ ¥ 3,280 税込

¥ 2400¥ 3280 税込

加算ポイント:24pt33pt

商品コード: 204S1 ~ 204S2

関連カテゴリ

  1. その他
  1. その他
  2. 糖尿病
** 単品かセットかをお選びください。
数量
Metformin (Miformin) 500mg 60 tabs

*商品写真の箱は500錠入りです。薬機法で定められた個人輸入できる数量に準拠するため、こちらの商品は箱から出したシートのバラ売りとなります。

服用方法|メトホルミン

開始時は1日500mg(本剤1錠)を1日2~3回に分割して食直前又は食後に服用する。
維持量は1日750~1,500mgとする。
*1日の最高投与量は2,250mgまで

副作用|メトホルミン

重大な副作用として以下が報告されている。

  • 乳酸アシドーシス
  • 低血糖
  • 肝機能障害、黄疸
  • 横紋筋融解症

その他の副作用として以下の症状が報告されている。

  • 下痢
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 消化不良
  • 嘔吐
  • 腹部膨満感
  • 便秘
  • 胃炎
  • 胃腸障害
  • 放屁増加
  • 貧血
  • 白血球増加
  • 好酸球増加
  • 白血球減少
  • 血小板減少
  • 発疹
  • そう痒
  • 肝機能異常
  • BUN上昇
  • クレアチニン上昇
  • 乳酸上昇
  • CK(CPK)上昇
  • 血中カリウム上昇
  • 血中尿酸増加
  • ケトーシス
  • めまい・ふらつき
  • 全身倦怠感
  • 空腹感
  • 眠気
  • 動悸
  • 脱力感
  • 発汗
  • 味覚異常
  • 頭重
  • 頭痛
  • 浮腫
  • ビタミンB12減少
  • 筋肉痛

その他注意事項|メトホルミン

CT検査などヨード造影剤を使用する際には、メトホルミンを服用中であることを伝えること。
過度のアルコール摂取は避ける。
脱水状態になっているおそれがある場合には服用を中止し、医師に相談する。
乳酸アシドーシスの初期症状があらわれた場合には、すぐに受診する。

お薬詳細|メトホルミン

メトホルミンには「メトホルミン塩酸塩錠250mg」と「メトホルミン塩酸塩錠500mg」とがありますが、含有するメトホルミン塩酸塩の量が違うだけで同じお薬です。
Meds Thaiではメトホルミン塩酸塩を500mg含む本剤と、メトホルミン塩酸塩を750mg含むメルク社が製造販売する「グルコファージ 750mg 30錠」、同じくメルク社のメトホルミン塩酸塩を1000mg含む「グルコファージ 1000mg 30錠」を取り扱っております。

糖尿病は血液中の血糖(ブドウ糖)を一定内に保つ働きのあるホルモン(インスリン)が十分に働かないため血液中の血糖が増える病気です。
糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病は膵臓からインスリンの分泌が低下することにより血糖値が高くなる糖尿病で、2型糖尿病は遺伝的なものに加えて肥満や運動不足などが重なり起こる糖尿病です。
メトホルミンは2型糖尿病の治療によく処方されるお薬です。特に肥満型の糖尿病に向いていると言われています。

私たちが炭水化物を摂取すると体内で炭水化物がブドウ糖に変わり、小腸から吸収されて血液中に入り、血液中から全身の細胞に取り込まれ重要なエネルギー源となります。この時余分な糖は筋肉や肝臓、また脂肪組織に蓄えられます。逆に体内に糖が足りなくなると肝臓に貯蔵していた糖を血液中に放出します。
血液中の糖の量はインスリンによって調節されていますが、糖尿病患者はインスリンが作れなかったり、またインスリンを上手に使えないために食べ物から摂取したエネルギーを正常に代謝できなくなります。

メトホルミンは血糖降下薬でインスリンに対しての感受性を高めて主に肝臓で糖分が生成されるのを抑えて血糖を下げます。インスリンの働きをよくして血糖値を下げるビグアナイド系に含まれますが、メトホルミンは他のビグアナイド系のお薬の副作用として知られている乳酸アシドーシスの発現が少なく、比較的安全性が高いお薬です。

メトホルミンの糖尿病に対する効果をまとめると下記のものが挙げられます。

  • 糖質が肝臓で生成されるのを抑制。
  • 糖質が消化管から吸収されるのを抑制。
  • インスリンが効きやすくし、糖質が体内で消費されるのを助ける。
  • 筋肉や脂肪で糖利用を促進。

このようにメトホルミンは2型糖尿病のお薬として第一選択薬に推奨されているお薬ですが、糖尿病のお薬としての効能以外に体重減少、脂質低下、心血管疾患の発症リスクの減少、老化の原因になる活性酸素を抑制、がんリスクの低減作用などに対する効果も明らかにされています。
メトホルミンのダイエット効果は糖質を排出して体重を減少させます。脂肪を燃焼させますがが筋肉の分解は防ぎます。食欲を抑制する効果もあります。海外では肥満の治療薬として承認されている国も多くあります。
また2型糖尿病でメトホルミンを服用している患者のがんの発症率が低かったという報告もあります。メトホルミンはウイルスに感染した細胞やがん化した細胞などの殺傷や除去に関わっているCD8を活性化し、増殖させるようです。


Meds Thai(当サイト)はお客様が海外から個人輸入をする際の代行サービスサイトです。通信販売サイトではございません。
薬機法により個人輸入された商品を第三者に転売や譲渡をすることは禁止されています。
また当サイトは個人輸入代行ですので、個人輸入された医薬品等によりお客様に副作用等が発生した場合の責任は負いません。個人輸入される際には効能や副作用をお調べになり、お客様ご自身の責任で輸入なされるか、または予め医師の診察を受け処方箋を出してもらってください。
また薬機法により当サイトでは効能や副作用など医薬品に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください。